☆初心者ポケモンカード道☆

2017年夏からポケモンカードに再燃した社会人のブログ。自由気ままな記事を量産するので情報価値は高くありませんが、よかったら見てやってください。

タッグボルト「エリカのおもてなし」 そして突然の旧裏時代回想

 11月23日(金)のブイズGXスターター発売の次は、12月7日(金)発売の拡張パック『タッグボルト』

ã¿ãã°ãã«ã

 

 夏のWCSで発表された「タッグチーム」なる新ロジックの第一弾として「ピカチュウ&ゼクロムGX」と「イーブイ&ガビゴンGX」が公開され実に盛り上がっています。

ãã«ãã¥ã¦&ã¼ã¯ã­ã ã«ã¼ãã¤ã¼ãã¤ï¼ã«ãã´ã³ã«ã¼ã

 

呼び水になっているこれらのカードに加え、他の収録カードについても公式から次々と発表されています。もうご存知の方も多いでしょうが、今日紹介するのはこのカード。

ã¨ãªã«ã®ããã¦ãªã 

エリカのおもてなし

サポート

このカードは、自分の手札がこのカードをふくめて6枚以上なら使えない。相手の場のポケモンの数ぶん、自分の山札を引く。

 

 久々のドロソですね。

「相手の場のポケモンの数」だから最高で6枚、平均して3,4枚は引けそうですね。このカードがプールに存在するからと言って、場のポケモンを出し渋るのはさすがにプレイングが窮屈になる(相手にイワンコがいるからルガルガンGXのデスローグを気にしてベンチの数を絞るのとはわけが違う。)と思いますので、ほぼほぼハウやハンサム以上の枚数は手堅く引けるはず。となると自然に入ってくるデッキも多いのではないでしょうか。

 現在のドロソ代表であるシロナがブイズGXに4枚収録でたくさん流れ込んできますが、それと比較する形で検討されれば面白いですね。

 

 さてさて。

 カードテキストが興味深いのはもちろん、私個人的にはエリカ系のカードが復活すること自体がホットな話題です。と言うのも、昔々の旧裏時代にこいつを触っていた世代だったからです。

 

f:id:mayucho:20181121114944p:plain

 古くからのプレイヤーはご存知でしょうが、その昔、旧裏時代に、第1世代のジムリーダーたちを模したデッキが発売されていました。(他のデッキについては画像検索をかけてみてください。初めて見る人にはパックデザインだけで新鮮なはず)

 当時私は小学生で、自分の中での第一次ポケカブームがちょうどこのあたりなのです。その当時エネルギーカードはスターターパック(それもとてもデッキとは言えないもの。良かれ悪かれ。これを複数個買ってさらに拡張パックを買い足してデッキがやっと組める)にしか入っておらず、それも多色で5枚ずつとかそんな感じでした。

まともなデッキを組むのに、自分の経済力のなさも相まって、なかなかエネルギーが揃えられない時代でした。

 

 そんなときにこのジムリーダー構築済みデッキは至宝でありました。

タケシのものを買えば、ごっそり闘エネルギーが、マチスのものを買えば十分な雷エネルギーが手に入るのです。また、進化ラインも揃っていたりするので、ゲームをするために「1つだけ」スターターセットを買う、となれば、これらが画期的な商品だったのです。

 

「まともなデッキを組みたいけど、カードはなかなか買ってもらえない」そんな少年時代の私に、プレゼントを買ってもらえるタイミングが訪れました。そのときにたまたま店頭に残っていたのがこのエリカデッキだったのです。草を得た少年は水を得た魚のようにポケカにのめり込んでいったのです。ラランテスやグソクムシャよろしく、ウツボットやラフレシアで戦っていたのです。

 そのような背景があったので、大人になってから再始動して第二次ブームが到来するのも自然でした。

 

というわけで、エリカにまつわるカードは個人的に思い入れが深いのです。

今回の収録は、新作ゲームソフト「レッツゴー・ピカチュウ」と「レッツゴー・イーブイ」で第1世代のシナリオをなぞることからの収録ですが、懐かしみが深いです。もしかしたら他にもエリカ関連のカードや、他のジムリーダーにまつわるカードが出てくるかもなので期待大です。

 

(他にも旧裏時代の思い出話をたくさんしたくなってきた。。。新しいカテゴリ作って記事書くか!!)

ブイズGXスターター 発売前情報まわり

 またしてもブイズGXスターターの話です。「あいつまた同じような記事書いているよ」と思われているでしょうが、性懲りもなく。

 

 情報としては遅いですが、11月23日(金)発売のブイズGXスターターデッキたちは、ポケモンセンター・ポケモンストアでの店頭販売ではなく、オンラインでの抽選販売になったそうですね。(「そんなことはもう知ってるよ」と思われているでしょうが、性懲りもなく。最近忙しすぎてアウトプットが遅れています。)

 

 夏以降の新弾が、発売日に相当な行列をもって買われていったことへの措置としてだそうです。怒涛の売れ行きはメーカーやブランドにとってとても望ましいことですが、ユーザーへの大きな窓口となる店舗としては、他にも考えないといけないことがたくさんある、ということなのでしょう。

 

 混乱や騒動を抑止するのに直接的な対処として良さそうではありますが、決済にはクレジットカードが必要なことや、やはり十分量で回らない恐れ、それに伴う転売問題等々、プロブレマティックな話にはなりそうです。

 

 夏場にめちゃくちゃ盛り上がったときに、「どうせこのブームも年末までは続かないだろう」と予想しているプレイヤーもたくさんいました。もしかしたらこの販売形態の変更が、何らかのネガティブな影響を生じさせてしまうかもしれません。

 

 さてさて、暗い話は一旦置いておいて。

 それぞれのデッキの収録カードが明らかになっているようです。

どうやらそのスターターにもシロナが4枚、グズマが2枚収録されているとのこと!

スターターデッキ史上最も実戦的なデッキになるのではないでしょうか(500円のスターターとの差別化の側面ももちろんあるでしょうが)。看板のGXの強さも相まって、これで始められる初心者がいればうらやましい!!

 それぞれの考察記事はこちらもどうぞ!!

www.mayucho.com

www.mayucho.com

www.mayucho.com

 また、Twitterに流れているリストによると、「マサキの解析」なる新カードが各デッキに1枚ずつ収録されているようです。発売日間近になっていますが、このカードのテキストは未発表であり、Twitterではその効果を予想するツイートがちらほら目立っています。ブイズの運用に役に立つカードなのか、新たなドロソであるのか、はたまた私たちがまったく予想していなかったテキストになるのか。面白いですね!

 あともう1枚、それぞれのデッキに入っている「シェイミ」も気になりますね。無難に既存の無色シェイミの可能性もありますが、まだまだ分かりません。

 

 あと3日!良かれ悪かれ、様々な盛り上がりを期待します。

ブイズGXスターター、発表されましたね!

 ウルトラシャイニーの少し前から密かに話題になっていた、ブイズのGXスターターセットの発売が公式ページより発表されました。

 キャラバンカーなどでカード情報は様々回っていましたが、他にもいくつかの新要素があるようです。以下、公式ウェブサイトを参考に。

 

www.pokemon-card.com

 

www.pokemon-card.com

 

 まず「おっ!」と思ったのはサプライで付いてくるプレイマット!!

初期ブイズ3種の豪華なデザイン!!スターターセット付随のものだから紙製のものにはなるのだけれど、これはこれでデザインだけで良さ味が深い!

そしてイーブイ柄のコインも良さげ!赤色っぽいのが写真で写ってるけど、他の色もあったりするのかな?

 

 サンダースGXのデラックスセットは3,000円なんですね。なんとなくポケカものとしては珍しい価格設定。デッキケースの質が気になるところ。ブイズのフリップケース並みの高品質だったらぜひ手に入れたい。

 

 売られ方としては他に「トリプルセット」なるものもあるようですね。トイザらス限定らしいですが。3つの構築済みがセットとは、これもまた新鮮な売り方。

 夏場のGXスタートデッキがバカ売れしたのもあって、工夫の一環でしょうかね。スターターから始める人たちがいたとして「1つずつ」ならそれぞれみんなで好きなものを買って対戦、「2つ」なら一人が買って相手を巻き込んで対戦、「3つなら……」新しいですね。「せーの!」で選んで対戦でもいいし、トレーナーズとか混ぜて強化をすぐに図れるのもいいし。

 あとはこれについてくるプロモカードも気になりますね!ピカチュウとファイヤー、フリーザー、サンダーですか。ふむふむふむ。見た感じ新規カードっぽいのでこれもまた楽しみですね。

 

 あとは同時発売のスリーブデッキケース!これもまた人気でそう!イーブイとブイズ3人衆がくっつきあったキューティなデザインはホントに素敵。ぜひ実物を手に取って、ブイズのデッキでなかったとしても使ってみたい。

 

 収録カードについても、部分的ですが紹介されているようです。

 ブースターGXにはカキや火打石がちゃんと入っていたり、サンダースGXのデッキにはエレキパワーはもちろん、カプ・コケコが入っていたりと、相当実戦的なデッキになりそうです。

(シャイニーに再録されなかったコケコがここに入ってきたか。。。サンダースGXのポテンシャルと相まって、これはこれはまたしてもめちゃくちゃ売れそうだな。)

 それぞれの考察記事はこちらもどうぞ!!

www.mayucho.com

www.mayucho.com

www.mayucho.com

 

  

 何はともあれ、このブイズGXスターターセットで新規のプレイヤーがたくさん生まれることと、新しいデッキがジムバトルや新潟大会を賑わすことを期待します。

 

ジバコイル -エネルギーの概念を変えるカード-

 昨日のアローラキュウコンGXの記事に続き、またしても1カード考察を続けます。今回特集するのはこのカード。

 

f:id:mayucho:20181110014033p:plain

 ジバコイルですね。

特筆すべきは、何と言っても特性「マグネサーキット」

 

◯【特性】マグネサーキット

自分の番に何回でも使える。自分の手札にある鋼エネルギーを1枚、自分のポケモンにつける。

 

 初めて見る人、いいですか。「自分の番に何回でも使える」ですよ。つまり、自分の手札にある鋼エネルギーを1ターンの内に何度もポケモンに貼ってよい、ということです。これ、めちゃくちゃやばいですよね。ポケモンカードにおける「エネルギーカード」の概念をぶっ壊しているカードです。

 

 厳密に言うと、毎回「マグネサーキットを使います」と宣言しないといけませんが、特に機微な状況でなければ「マグネサーキット4回使います」とか言って、ドサッと4枚まとめて鋼エネルギーの束をポケモンにつけることができます。相手は絶望を覚えますね。ビーストリングもびっくり。

 

 ネクロズマたそがれのたてがみGXやディアルガなどの高火力だが重い鋼ポケモンと、手札にエネルギーを握るための「おじょうさま」「エネルギースピナー」「テンガン山」と組み合わせる「ジバコネクロ」と呼ばれるデッキが有名です。

ãã¯ã­ãºã ããããã®ãã¦ãã¿GXãã£ã¢ã«ã¬GX

 

 環境デッキの最上位と認識されることはなくとも、たそがれネクロズマが220やら250やらの暴走ダメージを安定して連発できるこのデッキは弱いはずがありません。ジバコイル自体は、ここで「マグネサーキット」によるエネ加速要因になるわけですが、自分自身も「でんじほう」で130までダメージが出ます。これはGXからのダメージを回避するフーパやアローラキュウコンをワンパンする火力ですから、うまく隙を補えます。

 

 さて、このジバコイル。もとは雷タイプで登場していたものが、後にタイプシフトで先ほどまで紹介していた鋼タイプのものが登場したのです。たそがれネクロズマGXに代表される重鋼ポケモンで良い相方が多いことから、専らこの鋼タイプが注目されてきました。

 しかし今、元祖マグネサーキットの雷ジバコイルも再注目されています。なぜでしょうか。

 

 そうです。まだまだ秘密のベールに包まれたところが多いですが、こんなカードが今後控えているのです。

 恐らく今後新しいルールとして公式から発表されるであろう「タッグチーム」の一番手。ピカチュウ&ゼクロムGXです!

 ãã«ãã¥ã¦ï¼ã¼ã¯ã­ã GX

 

ピカチュウ&ゼクロムGX

たねポケモン タッグチーム(きぜつしたとき、相手はサイドを3枚とる)

弱点:闘 抵抗力:鋼-20 にげる:3

 

【ワザ】雷雷雷 フルドライブ 150

 自分の山札にある雷エネルギーを3枚まで、自分のポケモン1匹につける。そして、山札を切る。

【GX】雷雷雷+ タッグボルトGX 200

 追加で雷エネルギーが3個ついているなら、相手のベンチポケモン1匹にも、170ダメージ。(ベンチは弱点・抵抗力を計算しない)

 

 テキストを見る限り、超強力なたねポケモンですね。代償として、きぜつ時にはサイドを3枚持っていかれるようですが、それにしても強力です。ともかく雷エネルギーを3個揃えられればよいのだから、ここで雷タイプのジバコイルが有用なわけです。細かく考察したいところですが、ともかく雷ジバコイルとの親和性が予見され、いま密かに話題になっている、というのが現状のようです。

 

新弾の「タッグボルト」についてはまだまだ公式の発表を待たないといけない状況ですが、きっとまだ環境を賑わす中心になりそうです。追いかけていきたいですね。

 

最後はタッグボルトに話題を持って行かれそうになっていましたが、ともかく話題のジバコイル、まだまだ活躍の場はありそうです。

アローラキュウコンGXが招いた世界

「広がりのあるカード」という観点で、私の一番好きなカードは間違いなくこのカードです。

f:id:mayucho:20181108100623p:plain

フェアリーライズで収録された、フェアリータイプのアローラキュウコンGXですね。

 

Twitterでこのカードの情報が流れだしたときに衝撃を受けたのを覚えています。

使いどころが様々あって、とっても面白いカードですよね。

 カプ・テテフGXやゾロアークGXほどではないにしても、戦略的・構築的な広がりをもったこのカードによる「ふしぎなみちびき」に導かれて、様々な構築・プレイングが生まれました。この記事ではその一端を紹介したいと思います。

 

○ 特性「ふしぎなみちびき」

 自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札にあるグッズを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

 

「グッズ2枚」の広がり、分かりますでしょうか?

多岐の効果に渡る様々なグッズを「進化させたとき」というある程度任意なタイミングで選んでこれるのです。

アローラキュウコンGXを特徴づけるこの強力な特性により、大きく強化されたり、新たに注目を浴びたりするようになったデッキがあります。1つずつ見ていきましょう。

 

 

① ソルガレオGX+アローラキュウコンGX 

「ふしぎなみちびき」により「ふしぎなアメ」のサーチが容易になりました。アローラキュウコンGXによりすぐに想起されるのは、「ふしぎなアメ」を多用する2進化デッキでしょう。強力な2進化ポケモンとして、アローラキュウコンGXが発表されてから少しして脚光を浴びたのがこの「ソルガレオキュウコン」や「Wソルガレオ」と呼ばれる、ソルガレオGXとの組み合わせでした。

 ソルガレオGXは2種類のカードタイプが存在し、どちらも強力な特性やワザを持っています。まず一つ目がこちらのソルガレオGX。

ã½ã«ã¬ã¬ãªGX

特性「ウルトラロード」は、自分が下がるときにも前に出るときにも使えます。またソルガレオGX自身を対象としなくてもよいという手軽さがあります。そして強力なのがなんといってもワザ「メテオドライブ」自身のエネルギー全トラッシュと引き換えに、ハチマキがなくても大概のGXポケモンをワンパンしていく圧倒的な火力を持っています。このエネルギー全トラッシュと、自身の特性、そして後述するもう一体のソルガレオGXと驚異的に噛みあいます。そして、1エネ起動のGXワザも、使った時点で盤面を大幅に強化できる、とても優れたものになっています。

 

そしてもう1枚のソルガレオがこちら。

ã½ã«ã¬ã¬ãªGX

 

ニコタマ対応のワザ「ターボストライク」は、トラッシュから2エネルギーを吸い上げて任意のポケモンを加速させます。「メテオドライブ」のソルガレオGXが高価力と引き換えにエネルギーを落とすも、翌ターンにウルトラロードを使って、「ターボストライク」のほうのソルガレオGXを出してワザを打ち、トラッシュからエネルギーを拾ってあげれば、その次のターンにまたウルトラロードで前に出て「メテオドライブ」を打つことができます。

そんな、重くて軽い強力ムーブのデッキ。これがなせるのも、アローラキュウコンGXによる2進化促進のおかげです。

 

② サーナイトGX+アローラキュウコンGX 

 フェアリーの可愛さが前面に主張されながらも、抜群の強さを誇り、フェアリーライズ発売後しばらくはジムバトルでもよく見かける型だったのがこの通称「サナコン」

 立てば立つほど加速が捗るサーナイトGXをバンバン立てて、あわよくば超ブーストエネルギーでとんでもない火力アップを図れるのがこのデッキ。

フェアリーエネルギーで合わせているのでアローラキュウコンGXが添えられるデッキの中で、一番アロキュウが腐らないデッキでもあります。先2で「はくぎんのかぜ」を打って前のたねポケモンを飛ばしたり、「サブリメイションGX」でウルトラビースト相手に勝ち筋を見出せたりします。

 こちらに詳しいページがあるのでぜひ!

www.mayucho.com

 

③ ジュナイパーGX+アローラキュウコンGX

 

 こちらも数を並べたい2進化GXでした。

 ã¸ã¥ãã¤ãã¼GX

 

 フェザーアローで乗せたダメカンは数知れず。ジュナイパーGXですね!

SMレギュ以前のXYレギュでは「巨大植物の森」を使った高速進化でジュナイパーGXを複数体立てる仕様でした。ガマゲロゲEXと合わせた通称「ゲロジュナ」や、水タイプのアローラキュウコンGXと組み合わせた「キュウコンジュナイパー」などが、大型大会でも結果を残していました。

「巨大植物の森」のレギュレーション落ちにより下火になることが危惧されていましたが、そこで登場したのがこの妖アローラキュウコンGXなのです。「モリがないならアメをやればいいじゃない」と、マリーアントワネットも納得の構築が可能になりました。状況に応じて、水タイプのアローラキュウコンGXに進化させて氷の矢をベンチに打ち込むことも可能です。

 

④ デンリュウGX+アローラキュウコンGX

f:id:mayucho:20181108101604p:plain

 軽エネルギーで動けるデンリュウGXも、早く立たねば意味がない。なら、アロキュウアシストのアメ進化ですよね。雷デッキにはデンジくんもいるので、ほとんど適時にグッズを打つことが可能になります。デンリュウGXの上ワザを光らせる「エレキパワー」のサーチも容易なので安定の高火力が期待できます。

f:id:mayucho:20181108101908p:plain

また、グッズとしてハイパーボールを持ってこれるということは

ハイパーボール→カプ・テテフGX→ルチア→プリズムスター◇

とアクセスできる、ということですから、サンダーマウンテン◇やカプ・コケコ◇などの雷◇カードへのアクセスも容易になります。どうです?結構強くないですか!?

 

⑤ マッシブーンGX+ルガルガンGX+アローラキュウコンGX 

 通称「マッシルガン」なる、マッシブーンGXとルガルガンGXの組み合わせ。ルガゾロにもマウントを取れることで有名な環境デッキです。このデッキに2進化ポケモンはいませんが、なぜここにアローラキュウコンGXが入るのか。「ふしぎなアメ」以外にも、タイムリーに使いたい強力グッズがあったじゃないですか。マッシブーンに代表されるウルトラビーストを強力にアシストするあいつが。

 そう、ビーストリングですね。

 ãã¼ã¹ããªã³ã°

「相手のサイドが3枚か4枚のとき」という条件にあう適切なタイミングでサーチできるのが弱いはずありません。アローラロコンをうまく場に置いておいて(これも「せせらぎの丘」で綺麗に入るのが美しいところ)、ピンポイントでエネルギーをぶっこ抜いてやりましょう。

 また、このデッキでは「カウンターゲイン」が良い仕事をします。丸腰のイワンコも、進化してこれを貼ればそのターンにデスローグGXを使って大ダメージを与えることが可能になります。

f:id:mayucho:20181108102258p:plain

ピン挿し採用が自然ながらも、使いどころが制限されているこのカードも、「ふしぎなみちびき」により適時でハンドに持ってくることができます。私も、最初にそのムーブを取られたときにはびっくりしました。

 

 

 さてさて、5つのデッキを紹介しました。ふしぎなアメ以外にも、それぞれのデッキであわせて引いてきたいグッズが出てくるので、アローラキュウコンGXの存在価値は高いです。今後強力な2進化ポケモンやグッズが出てくるたびに評価が上がるこのカードにまだまだ期待したいです。

【コツ紹介】クレーンゲームでポケモンゲット!!

 すいません、ポケモンカード関係ないですが。

 

 先月10月はたくさんぬいぐるみが増えました。

 前回の記事で紹介したすやすやグレイシアのようにポケセンで買ったのもありましたが、何よりゲームセンターのUFOキャッチャーで集めたものが多かったのです。

それがこちら。

 

f:id:mayucho:20181105113325j:plain

ライチュウ・アローラライチュウが計7体たくさんいますね!まるまるして可

愛かったので、家でもUFOキャッチャーができるくらい集めてきました笑

そして手前は最近景品に追加されたロコン。今度はみちしるべロコンも連れてきます。

 

台はこんな感じですね。

f:id:mayucho:20181105113432j:plain

3本のアームを使って、穴のところまでぬいぐるみを運んでいく、ポピュラーなタイプのものです。

 

 もともとクレーンゲームの類は結構得意だと思っていて、やりこんでいた時期がありました。社会人になってからは他のお金の使い道を優先していたので、めっきりやらなくなったのですが、ここ最近ゲームセンターに行くことがあって、心動かされ再燃したのです。

 

 台やタイミングによっては全然取れないのがUFOキャッチャーですが、うまく目を凝らしてさらにコツを掴めば、それほど投資しなくても景品をとることは可能です。写真のライチュウたちも、これだけとって3,000円かかっていないので、単価をとれば欲しい人・取ることを楽しみたい人にとってはそんな高い値段でもないです。

 もちろん、闇雲にトライしまくるとなかなか取れずで結構な額のお金を溶かしてしまうことになりますが。

 

 動画でお伝えするのが一番わかりやすいのですが、準備がございませんもので、文章で伝えられる簡単なコツだけ挙げておくと、

 

 

です。

 

① アームの力をよく見ること。

 ゲーム性が変わってしまうような前提ですが、上手い人でも「取れない台では取れない」がUFOキャッチャーの大前提だと私は思っています。

 ぬいぐるみの初期位置とかは大して問題にならないですが、UFOのアーム(はさむ部分)の力が弱いとどうしようもないです。これはお店側の設定や、いわゆる「確率機」と呼ばれるプレイ回数によってアームの力が変動する機種であったりなどで変わってきます。外観から見抜く、という方法もありますが(何もしていない状態でのアームの開き具合で判断する、というもの)、それだけでは分からなかったりするので実際にプレイして判断するのが確実です。

 試行回数を押さえたいのであれば、他の人がプレイしているのを見て、ハイエナのようにかぎ分けていくのがベストです。私も、この7匹は同じタイミングで捕まえたものではなく、同じ店舗でも違ったタイミングであったり、いくつかゲームセンターを回ってみてなるべく取れそうな台を選んでトライしました。

 何であれ、強いアームの台で戦うことは重要です。

 

②「運んで落とす」以外の取り方を検討すること。

 UFOキャッチャーと言うと、「がっちりアームでぬいぐるみを掴んで、それを持ち上げて穴の上まで運んで落とす」という一連の流れを想起しますが、それだけがすべてではありません。

 片側のアームだけを掴んでアンバランスに持ち上げたり、下降するアームで下に押すこともあります。最近の機種は穴のまわりに城壁を設けてそのような落ち方を阻止しようとしたりしていますが、その城壁よりも背の高い景品だって多いです。

 そのような場合、「運んで落とす」以外の落とし方を考えたほうがベターです。アームの力が少々弱くっても、解決策が見出されるかもしれません。

 

③ そのうえで、どこを挟むとどう動くかイメージして、複数回シミュレーションしてから②に近づくよう慎重にクレーンを落とすこと。

 アームの力がある程度分かり、その設定だとどう落とすとよいか考えました。次はそれを実現させるためにいよいよクレーン投下です。

 実際にボタンを操作するのはこのステップからになりますが、ここでもまた頭の中で検討が必要です。アームの開き具合や、ぬいぐるみの重心の位置(どの部分が重たいのか)を考え、「ここを持ち上げたら、こう倒れて、だいたいこの辺に転がってくる」などとイメージしましょう。

 このシミュレーションこそがUFOキャッチャーの腕前の大部分を占めるのでは、と思っています。アームの付き方とぬいぐるみの向きなどで難易度が変わってきますが、②で見出した落とし方に最も近づくようなムーブがとれるクレーンの落とし方を検討しましょう。

 で、実際に落とすときはここが唯一のオペレーションですから、慎重にボタンを押していきましょう。奥行を調整するときは台の側面に回って確認しながらやっていきます。恥ずかしがらずに、動きを持ってやりましょう。

 思い通りの位置に落とせて、シミュレーション通りぬいぐるみが動いたら、その1プレイで落ちなくっても成功です。あと数回のチャレンジで落とすことを目指して再度トライします。

 

 とまぁ、文章だけで長々と書きましたがそんな感じです。

 YouTubeで参考になる動画が幾つも上がっているので、たくさん視聴してからゲームセンターに行くとよいです。もっと分かりやすく様々なコツが紹介されていますし、YouTuberの皆様はいろいろ盛り上げ上手なので、実際にUFOキャッチャーをプレイするつもりがなくっても、エンターテイメントとして面白い動画がたくさん上がっています。

 

 興味を持った方は是非挑戦してみてください!!

 景品ゲットの報告、お待ちしています!!

すやすやグレイシア ウルトラシャイニー発売から一夜

昨日の未明から盛り上がりを見せたGXウルトラシャイニーの発売。

 そこから一夜明けました。

 無事にゲットできた人、おめでとうございます。所望のカードは引けたでしょうか?

残念ながら……の人、私もまだ手にできていません!これからマイペースに開封していきましょう!

 

 Twitterのタイムラインは、様々な開封画像であふれていました。フラゲでも見なかった色違いカードやサポートなど様々目にすることができ、うらやましさ以上のワクワクを感じました。

 個人的には、ルガルガンGX、サーナイトGX、グレイシアGXの色違いが欲しいところ。ルガルガンとサーナイトは長く使ってきたデッキのお洒落枠としてぜひ入れたいし、グレイシアも今後組みたいデッキがあるのでSR、HR、SSRでそろえてみたい!!

 

 そう言えばグレイシアと言えば、最近日本橋のポケモンセンターでこいつを出迎えてきましたよ!!

f:id:mayucho:20181103063841j:plain

すやすやシリーズのグレイシア!

ポケカから話がそれますが、ぜひ話を聞いてください。 

 大袈裟めに作られた垂れ耳やしっぽ。ぺったり地面にすやすやしているので丸々としちゃっている胴体。可愛すぎます。

 ブログを打つデスクに向かいながら膝の上に乗せてあげれば、飼い猫が懐いてきた感じがします。

 寝床に持っていけば、隣であまりにすやすや眠るので自身の安眠効果につながります(効果には個人差があります)。

 朝起きたときにもまだ隣で寝ているので、安眠したはずなのにまた二度寝したくなります。

 ポケセンではブイズ全部買いたくなりましたが、さすがにそれは散財が過ぎるので1匹になんとか絞りました。

 選択肢を切っていく過程で、最後はブラッキーとの一騎打ちになって悩みに悩みましたが、そっちは一緒についてきた友人に買わせて、私はこのグレイシアを押さえたのです!

 後悔はしていません。今月の給料が入ったらブラッキーも買いに行きます。

 

 さてさて、話をカードに戻して。

 再録カードが大量に出回ったため、カードショップでは次々と価格の下落が進んでいるようですね。それもゾロアークGXやカプ・テテフGX、シロナなどの入るデッキの多い汎用カードを筆頭に。また色違いレアリティもそれなりの数が流通しているようで、昨日予想していたよりは幾分安い価格でシングル取引がされているようです。

 結果として、夏のポケカブームから生じていたカードの高騰が総括的にずいぶん緩和されそうです。もちろん、ゼラオラGXをはじめとする最近の未再録カードはまだまだ値下がりを見せなさそうですが、全体的にカードを求めやすくなっている流れに変わりはなさそうです。月末のブイズGXスターター発売も相まって、またしても適切な供給量下でのプレイヤー人口増加につながっていけば嬉しいですね。

(何かと、事ある毎にフラダリの例のフレーズが引用されますが、私はやっぱりポケカに触れる人が増えていくのがいいかなと思っています。ジムバトルの抽選落ちやパックがなかなか買えないのは嫌だけど。)

 

 とにかく、私の当面の目標はどうにかこうにかして開封にこぎつけること!!

今日もお仕事だけど、その日を夢見て頑張るぞ!!