☆初心者ポケモンカード道☆

2017年夏からポケモンカードに再燃した社会人のブログ。自由気ままな記事を量産するので情報価値は高くありませんが、よかったら見てやってください。

シャワーズGX考察

 11月23日に発売されるブイズGXスターターデッキ。

3つめはシャワーズGXの話をします。

 

シャワーズGX

1進化ポケモン:イーブイから進化

HP210 水 弱点:草 抵抗力:なし にげる:2

【特性】うるおいのしずく

 自分の番に1回使える。自分のバトル場の水ポケモンのHPを「30」回復する。

【ワザ】無無無 ハイドロポンプ 40+

 このポケモンについている水エネルギーの数×30ダメージを追加。

【GXワザ】水 ヒールシャワーGX

 自分の水ポケモン全員のHPを、すべて回復する。

 

 シャワーズの瑞々しさ、清流の美しさが全面に押し出された冷涼なイラスト。こちらも、サンダースGX、ブースターGXに負けず劣らずの性能です。

 

 バトル場からでもベンチからでも使える特性がまずポイント。水ポケモンは「うねりの大海」こそスタン落ちしたけれども「スイレン」や「いれかえフロート」など回復系が充実していますが、そこにまたしても使い勝手のよいヒール系カードがポケモンとして登場した、ということです。

 構築として真っ先に思いつくのが、場持ちをよくしたグレイシアGXとのコンビデッキです。バトル場に残り続ければ、GX相手に対してバリバリに刺さるグレイシアGX。それを裏から強力にサポートするカードとしてこのシャワーズGXが使えそうです。複数枚立てると1ターンで回復できるダメージが増えていきますから、なかなか固いグレイシアGXを立てることができそうです。これら2匹が同じエナジー進化から手軽に立てられる、って結構やばくないですか?(語彙力)

 

 さて、このシャワーズGX。さらに中ワザを見てみると、水ポケモンお約束の水エネ加点テキストなので「水水水」だと130。非GXのアタッカーに手が届くところまで行くので弱くはありません。場合によれば殴ってもいけるので置物にもなり難いですね。

 

 GXワザは使いどころを選びますが、これも悪くはないでしょう。例えば、先ほど触れたグレイシアGXとのコンビデッキを動かしていたとして、「いてつくひとみ」が刺さらない非GX構築にはだいたい戒めの祠が入っています。じわりじわり乗せてこられたダメカンも、このGXワザにより一発で掃けることが可能です。

 

 うーん、考えれば考えるほどにグレイシアシャワーズが組みたくなってきたな。。。だってメタモンやこのスターターで導入されるイーブイGXを使えば進化元も4枚以上担保できるからバトル場グレイシアGX、ベンチにシャワーズGX2体、なんなら3体も非現実的ではないし、さらにこだわりメットやムキムキダンベルっていうグッズもあるわけだし。余談ですが、最近グレイシアがらみのTwitterフォロワーさんが増えてきたのもあるし、これはぜひ組んでみたいと思います。耐久型グレイシアGX。

 

 さてさて。3記事に渡って、新規ブイズGXの紹介を紹介してきました。情報が世に出てから少し遅れての記事でしたし、それに今は専らウルトラシャイニーと新潟CLの話題で持ちきりですのでタイムリーな内容ではありませんでしたが、「使ってみたい!!」と思ってもらえるプレイヤーが少しでも出てきたら嬉しいです。

 あれ?何か忘れてる??

 そうそうそう。進化先ではなくて、大元のこいつを忘れていました。

 

そう!イーブイGXですね。

次はこのカードについての記事を書きます!またよろしくお願いします!