☆初心者ポケモンカード道☆

2017年夏からポケモンカードに再燃した社会人のブログ。自由気ままな記事を量産するので情報価値は高くありませんが、よかったら見てやってください。

イーブイGX考察

 11月23日に発売されるブイズGXスターターデッキ。

新規の目玉カードであるサンダースGX、ブースターGX、シャワーズGXを紹介していきました。

www.mayucho.com

www.mayucho.com

www.mayucho.com

どれも新しいデッキの主力になりうる強カードでした。

しかし、これらのスターターにはそれぞれもう1枚重要なカードが入っています。

そう、イーブイGXです。

 

そう言えばこの一連のスターター発売に先立って、最初の情報公開がこの「イーブイGX」でしたね。進化元であるこのイーブイGXがどのスターターにも収録されていますが、それぞれでデザインが異なるという嬉しい仕掛けがなされています。

 

サンダースGXバージョン!

 

凛々しいですね。

 

続いて、ブースターGXバージョン!

ピョーンと飛び跳ねてくる感じがいいですね!肉球が見えてる。

そして最後はシャワーズGXバージョン!

f:id:mayucho:20181029113654p:plain

 

こちらは上からのカメラアングル。野性味が深いですね。

 

デザインの次は性能を見ていきましょう。

 

イーブイGX

たねポケモン 弱点:闘  抵抗力:なし  にげる:1

【特性】かくせいDNA

 このポケモンは、自分の番に、「イーブイ」から進化するカードを手札から出して、このポケモンに重ねて進化することができる。(最初の自分の番と、このポケモンを場に出したターンはのぞく)。進化する前に、このポケモンのHPを、すべて回復する。

【ワザ】無無無 ブーストダッシュ 100

【GX】無 ハッピーメーカーGX

 自分のトラッシュにある好きなカードを3枚、相手に見せてから手札に加える。

 

 特性の前半は進化についての説明が書かれていますが、これは、イーブイから進化するサンダースやらグレイシアやらのすべてのポケモンは「イーブイから進化」とあって、厳密にはこの「イーブイGX」からは進化できないためです。そのため、特別ルール的な形で特性による進化として認められているのです。(ということは特性が消されていればこのイーブイGXは進化することができません)。

そしてそれに合わせて付随効果としてHPを全回復してからの進化とあります。HPが160あるので、序盤での攻撃はだいたい防げますから、それを帳消しにして進化することができます。

 

 ワザは無色エネルギー3つで起動します。使う機会はなかなかありませんが、一応相手にダメージを与えられるようにはなっている、ということのようですね。

 

 GXワザはジュナイパーGXのホロウハントGXと同じような性能です。イーブイがまだ残っている序盤にトラッシュに使いまわしたいカードが3枚も残っている、ということはあまりなさそうですが、エネ1起動なので瞬発力はあります。強力トレーナーズを序盤から複数回バンバン使っていきたいニンフィアLOデッキだと重宝するかもしれません。(相手が進化ポケモンや重いポケモンを使っていたらニンフィアGXのプリエールGXを使う対戦のほうが多いでしょうが。)

 

 まぁ、イーブイなので、そこはあくまで進化した先で戦うことがほとんどでしょうから。このイーブイGXはブイズ進化先のための第5、第6のイーブイとして使うポジショニングでしょう。(「イーブイ」と「イーブイGX」は別名カードとして扱われるので、最大で8枚のイーブイが準備できるわけですね。)進化の手軽さでは圧倒的に「エナジー進化」のイーブイのほうに分があるわけですが、複数の進化先を使いたいときに4枚では足りないことがあるでしょう。そのときにメタモン◇と枠を譲り合いながらの採用が一番の使い道でしょうか。

 

 とにもかくにも、このブイズGXスターターで、またしてもカードプールに彩が生まれました。これらのカードたちがどのように活躍するか見ものであります。