☆初心者ポケモンカード道☆

2017年夏からポケモンカードに再燃した社会人のブログ。自由気ままな記事を量産するので情報価値は高くありませんが、よかったら見てやってください。

【フルメタルウォール】新弾カードが次々と発表されています。

 ナイトユニゾンの発売から、サーナイト&ニンフィアGXが早くも結果を残し、はたまたモルフォンGXも様々な構築考察を呼び起こしています。

 毎度のことながら盛り上がっている状態ですが、またしても次の新弾の情報が発表されています。現時点での情報をまとめましょう。

 

ルカリオ&メルメタルGX

ã«ã«ãªãª&ã¡ã«ã¡ã¿ã«GX

 

タッグチーム HP260 鋼 弱点:炎 抵抗力:超 にげる:3

【ワザ】無無 こうてつのこぶし 50

 自分の山札にある鋼エネルギーを1枚、このポケモンにつける。そして山札を切る。

【ワザ】鋼鋼無無 ヘビーインパクト 150

【GX】無+ フルメタルウォールGX

 この対戦が終わるまで、自分の鋼ポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは、すべて「-30」される。追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。

 

 「この対戦が終わるまで」と、ポケカのテキストでは見慣れないフレーズのGXワザ「フルメタルウォール」は、その名の通り、鉄壁の守りを演出します。追加のエネルギーはタイプを問うていません。起動と合わせてダブル無色エネルギーで追加効果も使えます。これは早いですね。

 一番最近のポケモンであるメルメタルと、古くから登場していますが存在感のあるルカリオが組んだこのタッグチーム。Twitterではすっかり“メルカリ”と略されていますが、またしても話題となるデッキが作られそうです。というのも、同様に鋼ポケモンの防御力を高めるカードが同時に収録されるからです。

 

アローラダグトリオ

HP80 鋼 弱点:炎 抵抗力:超 にげる:1

【特性】ヘアーウォール

 このポケモンがいるかぎり、自分の鋼ポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-10」される。

【ワザ】鋼無 ぶちかます 40

 

 重複効果もある「-10」のカベ。その他、鋼鉄のフライパンやゴーグルも合わせ、鋼にはダメージ軽減のサプライが多数揃っています。それなのに、それなのに、また新たなグッズが登場しました。

 

メタルコアバリア

ポケモンのどうぐ

ポケモンについているこのカードは、相手の番の終わりにトラッシュする。このカードをつけている鋼ポケモンが、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-70」される。

 

 「-70」という数字が衝撃的すぎて、どこか浮いている感じさえしますね。返しのターンまでになりますが、「-70」は相当大きな軽減です。弱点でもないかぎり、容易に確定数がずらせそうですね。

 

 鋼強化が続いていますが、このカードも見逃せません。

 

フェローチェ&マッシブーンGX

ãã§ã­ã¼ãã§&ããã·ãã¼ã³GX

 

タッグチーム ウルトラビースト

HP260 弱点:炎 抵抗力:なし にげる:2

【ワザ】草 ジェットパンチ 30

 相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。(ベンチは弱点・抵抗力を計算しない)

【ワザ】草草無 エレガントソール 190

 次の相手の番、このポケモンの「エレガントソール」のダメージは「60」になる。

【GX】草+ ビーストゲームGX 50

 このワザのダメージで、相手のポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる。追加でエネルギーが7個ついているなら、多くとれる枚数は3枚になる。

 

 来ました。ウルトラビーストのタッグチーム。前々から噂されていたように、フェローチェとマッシブーンのコンビです。上ワザはこれまでのマッシよろしく“ジェッパ”この波が草タイプにも流れてきました。

 中ワザは次ターンにダメージ軽減があるも、3エネで190出せる高火力。

 そして何より注目はGXワザ。これまでのウルトラビーストGX同様、サイドに関わるワザ。50というダメージが難しいところではありますが、このワザによるダメージできぜつさせたなら、サイドを1枚多くとることができます。追加効果はプラス3枚のサイド取りが可能ということで、もし相手タッグチームをその状況で倒したのなら、それだけでゲームが終わってしまいます。まさにビーストゲームですね。これも、ルカリオ&メルメタルGX同様、追加効果のエネルギーを問いません。様々可能性がありそうですね。

 

 これらのタッグチームも、引き続き3種類のイラストで登場するのでしょうか。ナイトユニゾンのときもそうだったので、きっとそうでしょう。どちらのカードも気になるところです。

 

 このフルメタルウォールまでが、次のCL千葉大会で使用可能なカードプールとなります。今はサーナイト&ニンフィアもじわりじわり環境にせり出していますが、今回の鋼タイプ強化により少し苦しくなりそうです。

 

 今後も収録カードの発表が楽しみですね!!