☆初心者ポケモンカード道☆

ポケカ社会人によるブログ。新弾情報や環境デッキ考察など、様々書いています。もうすぐ2年目突入!!毎日更新頑張っています!!

【ミラクルツイン】ポケモンけんきゅうじょ / ギルガルド / グソクムシャ / グレートポーション

 5月31日(金)発売、令和最初のポケカ新弾“ミラクルツイン”

 公式HPにはFile Lockedということで伏せられたカードが3枚残されていましたが、昨日5月22日(水)に、ついにそのシークレットが明らかになりました。

 全カードリスト公開前の最後のステップと言った感じでしょうか。

 例によってここでまとめたいと思います。

 

ポケモンけんきゅうじょ

スタジアム

 おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札にある「なぞの化石」から進化するポケモンを2枚まで、ベンチに出してよい。その場合、山札を切る。この効果を使ったなら、自分の番は終わる。

 

 最初に紹介するのはスタジアムから“ポケモンけんきゅうじょ”

 山札から“なぞの化石”で進化するポケモンを確定サーチで2枚直接ベンチに出すというもの。圧縮のみならず進化パスでもあるので驚異的。あまりに強力な効果ゆえ、発動すると自分の番が終わってしまうという制約が付いています。この負債はスタジアムだと他に“プレイヤーズセレモニー”ぐらいでしょうか。ともかく強力です。

 なぞの化石から進化するポケモンは幾つかあります。

 最終進化先として、オムスターやカブトプスは非常に強力です。

ãªã ã¹ã¿ã¼

ã«ãããã¹

 特にオムスターはゲンガ―&ミミッキュと組んだ“ゲンミミオムスター”なるロックデッキが大型大会でも爪痕を残しました。

 これらのカードはオムナイトやカブトを1進化に経るためいきなり出すことはできませんが、翌ターンにオムスター、カブトプスをサーチしてきたらよいだけなので“ふしぎなアメ”をパスすることができます。新しいタイプのデッキが作れそうですね。

 

 また、なぞの化石からの1進化としてはプテラが非常に優秀です。非GXポケモンの一角として、無色3エネで180ダメージを絞り出せるのは強力です。

ããã©

 これらはすべて、少し前の拡張パック“タッグボルト”収録になりますが、プテラを主軸としたデッキや、“ダブル無色エネルギー”“トリプル加速エネルギー”を共有できるジュゴンとともに組ませるデッキがいまも活躍しています。そのようなデッキの抜本的な強化として、この“ポケモンけんきゅうじょ”は世界を変えてくれそうです。

 そう言えば、今回のシリーズにちなんだ公式発売サプライはプテラ柄のものがありました。もしかすると、新しいプテラ(さらにもしかするとGX!?)の収録もあり得るかもしれません。

 

ギルガルド

2進化ポケモン 超 HP130 弱点:悪 抵抗力:闘 にげる:3

【特性】くちないつるぎ

 このポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受け手きぜつしたとき、トラッシュせず、手札にもどす。(ポケモン以外のカードは、すべてトラッシュする。)

【ワザ】無 ガレキスラッシュ 10×

 自分のトラッシュにあるグッズの枚数×10ダメージ。与えられるダメージはグッズ13枚ぶんまで。

 

 続いて2進化からはギルガルドが登場。

 このポケモンも、進化途中の“ニダンギル”がダークオーダー収録で、一時幅を利かせていました。その進化先としての収録です。

 面白いのはやはり特性“くちないつるぎ”でしょうか。相手のダメージによるきぜつから、自身を手札に戻すことができます。それも「ポケモン以外のカードは、すべてトラッシュする」というテキストから、ポケモンである進化元のヒトツキやニダンギルまでも手札に戻せるということですね。継戦能力に長けそうです。

 ワザ“ガレキスラッシュ”は、自身のトラッシュを肥やすことで火力を高めていくワザ。正直な所、マックスの素ダメージが2進化で130なのは現代ポケカではやや辛い。それよりも進化前のニダンギル“どうぐおとし”の方が簡単にダメージを作れそうです。

 となると、ややテクニカルですが、メモリーエネルギーの採用もありかもしれませんね。進化前の“どうぐおとし”も使えますし、もしきぜつしてもギルガルドになっていれば、また進化ラインを手札に戻すことができます。ニコタマで手軽に打てるのが“どうぐおとし”の良さでもありますが、非GX相手に4体以上ぶつけていきたいのであればこのような使い方もありかもしれません。

 

 

グソクムシャ

1進化ポケモン 水 HP140 弱点:草 抵抗力:なし にげる:4

【特性】ききかいひ

 このポケモンについているエネルギーが2個以下なら、このポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

【ワザ】水無無無 であいがしら 120+

 この番、このポケモンがベンチからバトル場に出ていたなら、60ダメージ追加。

 

 これまた話題性あるカードが飛んできました。サンムーンレギュ初期から有名な“であいがしら”グソクムシャの非GXそれに水タイプが登場です。

 ワザはしっかり“であいがしら”軽さはないですが、前に出たときに打てばノーコストで180が出るという、非GXでは格段の高火力。

 特性“ききかいひ”は、このポケモンについているエネルギーが2個以下なら、逃げエネが0になるというもの。エネルギーがまだ準備されていないときに戻したり、またはトリプル加速エネルギーを使って早打ち&1エネに戻ったところで次のポケモンが前へ、などという使い方ができます。要求エネの構成的に後者のプランニングが十分にあり得ますね。

 戻った時にベンチで準備のできているグソクムシャを前に出せば、またであいがしらを打つことも可能です。草GXとのコラボデッキもあり得ますね。

 

グレートポーション

グッズ

 自分のバトル場の「ポケモンGX」のHPを「50」回復する。

 

 そして最後はグッズから“グレートポーション”

 シンプルな効果ながら、「50」ものHPをノーコストでポンと回復できるのは案外すごいことです。ポケモンは1ターンの重みが強いゲームですから。2回ワザを打って倒すつもりだったポケモンに対し、3回ワザを打つ必要が出てくるとゲームプランが崩れます。(“確定数ずらし”というやつですね)

 50もHPが回復されるとなると、中打点2発で届いたはずが簡単にずれてきます。デッキタイプの相性によれば、このグレートポーションを積んでいることで大幅にアドバンテージが得られます。

 また、グッズであるので、ブルーの探索で任意のタイミングで持ってきて、その場で使用、場合によっては複数枚使用と臨機応変に戦えます。今後なかなか無視できないカードとなることでしょう。

 

 随時新カードを追いかけてきた“ミラクルツイン”

 いよいよ明日、全カードリスト公開ですかね??楽しみです。