☆初心者ポケモンカード道☆

ポケカ社会人によるブログ。新弾情報や環境デッキ考察など、様々書いています。もうすぐ2年目突入!!毎日更新頑張っています!!

【ミラクルツイン】全収録カードリスト発表!!【プテラGX】

 

 5月31日(金)発売のポケカ新弾“ミラクルツイン”

 昨日、その収録全カードリストが公式より発表されました。例によって、発売日の一週間前の金曜日でしたね。

 だいたい3分の1程度のカードが小出しですでに発表されていて、残りの3分の2がドサッと昨日公開された形になりました。

 注目されうる強カードから先に公開される傾向がありますが、このタイミングまで伏せられていたもののなかにも十分注目すべきカードがありました。

 

プテラGX

ããã©GX

1進化ポケモン 闘 HP210 弱点:草 抵抗力:なし にげる:0

【特性】げんしのかぜ

 このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手のたねポケモンが使うワザに必要なエネルギーは、無色エネルギー1個ぶん多くなる。

【ワザ】闘無無 ロックスマッシュ 120

【GX】闘 ワイルドダイブGX 50×

 相手のバトルポケモンについているエネルギーの数×50ダメージ。

 

 まず一つ目はプテラ。今日の今日まで隠されていましたが、公式から発売されるスリーブの柄や、同弾収録の新規カード“ポケモンけんきゅうじょ”の存在などから予想されていた通り、GXとなっての収録です。すでに知られている非GXも強力ながら、こちらも無視できない存在になっています。

 特性“げんしのかぜ”は、このプテラGXが前にいるとき、相手のたねポケモンの要求エネルギーを無色エネ1個ぶんだけ増やして重たくするというもの。対象はたねポケモンと限定されますが、ワンダーラビリンスと同等の足止め効果を発揮するこの特性は、思った以上の妨害性能を持ちそうです。

 ワザ“ロックスマッシュ”はニコタマ対応の120ダメージ。ディアンシー◇でだいたいの非GXたねポケモンを刈れ、およそのTAGTEAMも2確になります。ハチマキを巻けばカプ・テテフGXもワンパン圏内にある良い打点です。

 GXワザ“ワイルドタイプ”は、1エネ要求ながら、場合によれば高打点も狙えるワザとなっています。

 ともかく、“ポケモンけんきゅうじょ”の存在により、圧倒的に使い勝手がよくなったこのプテラライン。非GXと組み合わせたデッキが台頭してきそうです。筆者も今弾についてはまずこのプテラ軸から組んでみようかなと思っています。

 

 

ウィークガードエネルギー

ã¦ã£ã¼ã¯ã¬ã¼ãã¨ãã«ã®ã¼

特殊エネルギー

 このカードは無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。このカードをつけているポケモンの弱点は、すべてなくなる。

 

 また強力な特殊エネルギーが出てきました。無色エネルギー1個として働く傍ら、弱点まで消してしまうという優れもの。エネルギーはなかなか割れないですから、付けられてしまうとじゃくてんほけんよりもずっと手ごわいですね。

 無色エネルギーをつけて意味のあるポケモンというと、少し制限がかかりますが、それなりに普及しそうな特殊エネルギーであります。

 

きとうし

ãã¨ãã

サポート

 このカードの持ち主と、自分のポケモン全員にかかっているワザの効果は、すべてなくなる。

 

 そしてサポートからは“きとうし”の登場!!ポケモンタワーにいっぱいいた人たちですね。

 効果はと言うと、自分と自分のポケモン全員にかかっているワザの効果をすべてリセットするというもの。XYレギュでは、似たようなカードとして“ポケモンレンジャー”がありました。

 

 これを用いて、ラプラスGXやホウオウGXがワザを連発するというコンセプトのデッキがサンムーン初期に少し流行りました。(もうこれもずいぶんな昔話ですね)

 たねポケモンでありながら高火力をエネトラッシュなく打てるということで注目されていたこれらのアタッカーたち。今ではもうあいつに置き換わっていますね。

f:id:mayucho:20190410112845p:plain

 そうです。レシリザです。たねポケモンながら“フレアストライク”という超高火力ワザを打てます。エネトラッシュはありませんがデメリットとして、自身へ翌ターン“フレアストライクが使えない”という効果があります。その効果を無効化にできるのがこの“きとうし”なわけです。なるほど。

  他にも、相手側からかけられたワザの効果を一時的にリセットできます。デッキに忍び込ませておいて、良いタイミングで発動出来たら快感でしょうね。

 

スタジアムナビ

ã¹ã¿ã¸ã¢ã ãã

グッズ

 コインを2回投げ、オモテの数ぶん、自分の山札にあるスタジアムを、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

 

 山からスタジアムをサーチしてくるという、そう言えば新鮮なテキストのカード。ただ、確定ではなく、どこかの魅惑のボールを思わせる2枚コイントス。

 最近のカードでは、“ブルーの探索”がトレーナーズサーチでありましたが、グッズから最大2枚スタジアムを引っ張ってこれるのは魅力的です。先のプテラデッキのように、立ち上げにスタジアムが必要不可欠なデッキでは重宝するかもしれません。

 

 他にも可能性を秘めたカードがたくさん収録されるこの“ミラクルツイン”

 既存カードのイラスト違いも多数収録されており、人気が出そうです。

 これらを生かしてどんなデッキがのし上がってくるのか、楽しみです!!